身体活動の促進

健康づくり施策の参考となる情報を対象やシチュエーションごとにご活用いただけるリーフレット、リーフレットごとの解説書や、生活習慣の改善に役立つ記録表などもご用意しています。手にとって見ていただきやすいサイズで、いつでもお読みいただけます。それぞれの基となったエビデンスもご紹介していますので、より詳しくお調べいただくこともできます。

ツール監修者一覧(50音順)

石井 好二郎
同志社大学 スポーツ健康科学部 教授
同志社大学 スポーツ医科学研究センター長
略歴:
1989年 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 修士課程 修了
1992年 広島大学 総合科学部 助手
1997年 博士(学術)(大阪市立大学)
1997年 北海道大学 教育学部 講師
2000年 北海道大学大学院 教育学研究科 講師
2002年 北海道大学大学院 教育学研究科 助教授
2008年 同志社大学 スポーツ健康科学部 教授(現在に至る)
所属学会:日本サルコペニア・フレイル学会理事、日本肥満学会理事、日本肥満学会・日本サルコペニア・フレイル学会合同「サルコペニア肥満」ワーキンググループ委員長、日本老年医学会代議員、日本臨床運動療法学会理事、日本健康支援学会理事、日本発育発達学会理事
著書:「サルコペニア虎の巻:診療のコツをとことん理解する」(中外医学社、分担執筆、2021)、「図とイラストだからわかる サルコペニア・フレイル」(クリニコ出版、分担執筆、2019)、「フレイルとロコモの基本戦略」(先端医学社、分担執筆、2019)、「サルコペニアがいろん」(ライフサイエンス出版、分担執筆、2017)、「もっとなっとく使えるスポーツサイエンス」(講談社、編著、2017)ほか多数
詳細を見る
監修ツール
  • 日常生活で身体活動UP!私のアクティブライフプラン(専業主婦(女性)編)
  • 健康を維持して作業効率アップ!ビジネスパーソンのための健康な身体づくり(ビジネスパーソン(男性)編)
  • 日常生活で身体活動UP!私のアクティブライフプラン 解説書(専業主婦(女性)編)
  • 健康を維持して作業効率アップ!ビジネスパーソンのための健康な身体づくり 解説書(ビジネスパーソン(男性)編)
  • 生活活動のメッツ表・運動のメッツ表
監修協力
澤田 亨(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)
中田由夫(筑波大学 体育系 准教授)
柴田 愛(筑波大学 体育系 准教授)
  • 日常生活で身体活動UP!私のアクティブライフプラン(専業主婦(女性)編)
  • 健康を維持して作業効率アップ!ビジネスパーソンのための健康な身体づくり(ビジネスパーソン(男性)編)
  • 日常生活で身体活動UP!私のアクティブライフプラン 解説書(専業主婦(女性)編)
  • 健康を維持して作業効率アップ!ビジネスパーソンのための健康な身体づくり 解説書(ビジネスパーソン(男性)編)
  • 生活活動のメッツ表・運動のメッツ表

ツールの背景にあるエビデンスの情報

個人の行動変容や習慣化のために有効とされる手法

個人の好み等に応じたプログラムが重要
毎日の習慣に身体活動を組み込むためには、各個人の好み、興味、現在行動変容のどの段階にいるか(無関心期・関心期・準備期・実行期・維持期のどこにいるか)に応じて内容を調整する必要がある(1–5)。
目標設定が有効
達成すべき行動や結果を目標として定める目標設定が、身体活動の促進に有効である(6–8)。
セルフモニタリングが有効
特定の行動や結果(1日の歩数等)を定期的に記録する等のセルフモニタリングが、身体活動の促進に有効である(6,9,10)。
ソーシャルサポートが有効
友人、家族、同僚、仲間、専門職等が、対象者の行動に対して褒めたり、報酬を提供したり、行動を実行するためのアドバイスを行ったり、感情面のサポートを提供する等のソーシャルサポ―トが、身体活動の促進に有効である(4,11,12)。
ナッジの活用
人々がより望ましい選択をできるように促すナッジを活用した介入が増加しているが、比較的新しい概念であるため、研究として実証され、論文化された事例はまだ多くない。ナッジの具体的な使い方や、その効果についてはさらなる研究が必要である(13,14)。

環境についての推奨内容

身体活動を増やしやすい環境を整備すること
歩きやすい道路やサイクリングロード等、身体活動を行いやすい環境を整備することは、身体活動の促進に効果的である(1,15)。
地域全体で身体活動を増やしやすい環境を整備すること
住んでいる地域で、生活や仕事だけでなく余暇も活動的に過ごせるように、公園や公共施設の整備をすることは重要である。公共交通機関等を整え、それらの施設への利便性を向上させることも有効である(1,15,16)。
職場環境を整備する利点
職場で座り続けて過ごす時間を減らすために、体を動かしやすい環境や仕組みづくりが重要である(17–26)。例えば、高さを変えられる机を取り入れることは座位時間の減少に有効である(17,22,24)。この際、労働生産性を落とさずに介入を行うための工夫が必要である(23,27)。

その他のアプローチ方法

デジタルデバイスを活用する※
対面による介入も有効であるが(28)、身体活動量や健康状態をモニタリングできるデジタルデバイスを用いることも、身体活動の促進に有効である。セルフモニタリングやフィードバックの提供が可能なことが理由としてあげられている。行動変容に対するフィードバックや、健康に関する情報提供も可能。また、SNSを用いると「いいね」機能等で楽しくソーシャルサポートを得られる利点もある(26,29,30)。
(※)デジタルデバイスは、それを所有・維持することができる経済的な余裕や、それを使いこなす能力も必要であることから、すべての人が活用できるわけではないことに留意が必要である。保健指導や身体活動促進プログラムの立案等においては、対象者の特性等を考慮し、それぞれの状況に応じた活用を検討されたい。
介入の優先順位を付けることが重要
身体活動の促進と、座位時間の減少の両方をターゲットにするよりも、まずはどちらかに絞って行うほうが効果的である(26,31,32)。

エビデンスのまとめに関する手法

これは、Pub Med および Web of Science のデータベースを使用して、当該分野の介入のエビデンス(主にシステマティックレビューやメタアナリシス)を収集し、文献調査を行った結果をまとめたものです。検索式の設定に関しては、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のエビデンス一覧等を基に作成しました。

参考文献や文献調査の詳細情報
参考:アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が発表している当該分野のエビデンス一覧
  • はエビデンスが十分な(介入効果がある)、
  • は不十分な(介入効果があるか明らかにされていない)もの
  • 発表年
  • 学校における、体育の授業の充実2013
  • 学校における、授業間の休憩時間を活用した身体活動の促進2021
  • 55歳以上の対象者に対するデジタルデバイスを用いた介入2019
  • 子どもの身体活動促進を目的とした、家族全体への介入2016
  • 個人の興味や好みに合わせた介入2001
  • 過体重や肥満の成人を対象とした、行動変容のサポート(カウンセリング等)と活動量計を組み合わせた介入2017
  • ソーシャルネットワークを活用した介入2001
  • 様々なステークホルダーと協力した地域全体への介入2001
  • テレビやラジオ、新聞等のマスメディアによる介入2010
  • 歩行やサイクリングを促進するための道路整備と住宅地や商業地等を混在させた混合土地利用を組み合わせた介入2016
  • 身体活動を増やしやすい環境整備2001
  • 児童や学生の徒歩通学・自転車通学を促進するための介入2018
  • 階段利用を促進する動機づけ2005

CPSTF Findings for Physical Activity
https://www.thecommunityguide.org/content/task-force-findings-physical-activity
(2022/01/13 アクセス)

参考文献リスト
No. 著者 文献名 発表年
1. Kahn EB, et al. The Effectiveness of Interventions to Increase Physical Activity. A Systematic Review. Am J Prev Med. 22:73–107. 2002
2. Davis A, et al. A systematic review of tailored mHealth interventions for physical activity promotion among adults. Transl Behav Med. 10(5):1221-32 2020
3. Bock C, et al. Community-based efforts to promote physical activity: A systematic review of interventions considering mode of delivery, study quality and population subgroups. J Sci Med Sport. 17(3):276–82. 2014
4. Morgan F, et al. Adherence to exercise referral schemes by participants – What do providers and commissioners need to know? A systematic review of barriers and facilitators. BMC Public Health. 16:227. 2016
5. 松本千明. 行動変容ステージモデル. 厚生労働省e-ヘルスネット. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-07-001.html (2022年3月15日アクセス)
6. O’Brien N, et al. The features of interventions associated with long-term effectiveness of physical activity interventions in adults aged 55–70 years: a systematic review and meta-analysis. Health Psychol Rev. 9(4):417–33. 2015
7. McEwan D, et al. The effectiveness of multi-component goal setting interventions for changing physical activity behaviour: a systematic review and meta-analysis. Health Psychol Rev. 10(1):67–88. 2016
8. Rand M, et al. A systematic review of interventions to increase attendance at health and fitness venues: identifying key behaviour change techniques. BMC Public Health. 20(1):1874. 2020
9. Whatnall MC, et al. Effectiveness of interventions and behaviour change techniques for improving physical activity in young adults: A systematic review and meta-analysis. J Sports Sci. 39(15):1754–71. 2021
10. Murray JM, et al. Effectiveness of physical activity interventions in achieving behaviour change maintenance in young and middle aged adults: A systematic review and meta-analysis. Soc Sci Med. 192:125–33. 2017
11. Horne M, et al. A systematic review of interventions to increase physical activity among South Asian adults. Public Health. 162:71–81. 2018
12. Ickes MJ, et al. A systematic review of physical activity interventions in hispanic adults. J Environ Public Health. 2012:156435. 2012
13. Forberger S, et al. Nudging to move: a scoping review of the use of choice architecture interventions to promote physical activity in the general population. Int J Behav Nutr Phys Act. 16(1):77. 2019
14. Forberger S, et al. Nudges used to promote physical activity and to reduce sedentary behaviour in the workplace: Results of a scoping review. Prev Med. 155:106922. 2022
15. Community Preventive Services Task Force. Physical Activity: Built Environment Approaches Combining Transportation System Interventions with Land Use and Environmental Design. Guide to Community Preventive Services. https://www.thecommunityguide.org/findings/physical-activity-built-environment-approaches (2022年3月15日アクセス)
16. Derose KP, et al. Effects of park-based interventions on health-related outcomes: A systematic review. Prev Med. 147:106528. 2021
17. Hutcheson AK, et al. Work Site–Based Environmental Interventions to Reduce Sedentary Behavior: A Systematic Review. Am J Health Promot. 32(1):32–47. 2018
18. Keadle SK, et al. Targeting reductions in sitting time to increase physical activity and improve health. Med Sci Sports Exerc. 49(8):1572–82. 2017
19. Engelen L. Does active design influence activity, sitting, wellbeing and productivity in the workplace? A systematic review. Int J Environ Res Public Health. 17(24):9228. 2020
20. Chandrasekaran B, et al. Does breaking up prolonged sitting improve cognitive functions in sedentary adults? A mapping review and hypothesis formulation on the potential physiological mechanisms. BMC Musculoskelet Disord. 22(1):274. 2021
21. Mulchandani R, et al. Effect of workplace physical activity interventions on the cardio-metabolic health of working adults: Systematic review and meta-analysis. Int J Behav Nutr Phys Act. 16(1):134. 2019
22. Shrestha N, et al. Workplace interventions for reducing sitting at work. Cochrane Database Syst Rev. 12(12):CD01912. 2018
23. Dupont F, et al. Health and productivity at work: Which active workstation for which benefits: A systematic review. Occup Environ Med. 76(5):281–94. 2019
24. Michalchuk VF, et al. Systematic Review of the Influence of Physical Work Environment on Office Workers’ Physical Activity Behavior. Workplace Health Saf. 70(2):97–119. 2022
25. Peachey MM, et al. Dal-Bello Haas V, Gravesande J. Environmental, behavioural and multicomponent interventions to reduce adults’ sitting time: A systematic review and meta-analysis. Br J Sports Med. 54(6):315–25. 2020
26. Lewis BA, et al. Future directions in physical activity intervention research: expanding our focus to sedentary behaviors, technology, and dissemination. J Behav Med. 40(1):112–26. 2017
27. Cao C, et al. Effect of Active Workstation on Energy Expenditure and Job Performance: A Systematic Review and Meta-analysis. J Phys Act Health. 13(5):562–71. 2016
28. Richards J, et al. Face-to-face interventions for promoting physical activity. Cochrane Database of Systematic Reviews. Cochrane Database Syst Rev. (9):CD01392. 2013
29. Lee M, et al. Mobile app-based health promotion programs: A systematic review of the literature. Int J Environ Res Public Health. 15(12):2838. 2018
30. Feter N, et al. What is the role of smartphones on physical activity promotion? A systematic review and meta-analysis. Int J Public Health. 64(5):679–90. 2019
31. Gardner B, et al. How to reduce sitting time? A review of behaviour change strategies used in sedentary behaviour reduction interventions among adults. Health Psychol Rev. 10(1):89–112. 2016
32. Martin A, et al. Interventions with potential to reduce sedentary time in adults: Systematic review and meta-analysis. Br J Sports Med. 49(16):1056–63. 2015